2005年05月31日

WWDC2005大胆予測

Apple-Styleさんのトラックバック企画に参加してのWWDC2005大胆予測なのだが、ソフトウェア、ハードウェア共に既存製品のアップデートが続いているので、個人的にはここらで「アッと驚く」big surpriseを期待したい。PowerMac、PowerBook、iMac、iBook、Mac mini、iPodファミリー以外のモノ、それは。。。

タブレット型のハードウェアが各所で予想されているようだが、もしそうなるならば、その機能はこうではないか? Mac OSが搭載されるのではなく、デジタルハブとしてのメディアセンターという位置づけの液晶付プレート、液晶上にアイコンは並ぶけれど、スイッチングしたりデータをリスト表示してセレクトさせるのに限った用途のもの、だ。iLifeやiCal、アドレス等の各アプリデータをMacから抽出、支配し、一般的な電化製品、すなわちテレビやステレオ、ビデオに送る。ついでに液晶上に手書きしたものもテレビなどに写し出すことが出来る。接続はBluetoothでワイヤレス、しかも電卓並に起動は速く、サクサク機能し、バッテリ長持ち、より一般電化製品に近い扱いが可能なもの。。。。

デジタルハブ戦略として、一歩踏み出したガジェットの登場を期待しているが、さて、どうなるだろう? 来月6日にJobsの会心の笑みが見られることをワクワクしながら待ちたい。


posted by pura3 at 12:35| Comment(0) | TrackBack(1) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Keynote 2で楽しくプレゼン準備

ここ数日、プレゼン準備に大忙しだ。この季節は学生や職場スタッフなど様々な対象者を相手に、数分から一時間強の講義をすることが多くなる。そんな時に頼りになる右腕がKeynote 2だ。講演の準備というのは従来、しんどくて苦痛で、必要に迫られたので仕方なく頑張るものだったが、Keynoteを用いての準備はこれを非常に楽しい時間に変えてくれる。10年前はパースエーション、その後仕方なくPowerpoint、どうにも嫌になってAppleworksで無理やり、などとプレゼン準備に取り組んできたが、やっと快適な環境になったと喜んでいる。
実際の使用感としてはとにもかくにも、「使いやすい」ということ。Keynoteに関しては一度もマニュアルを参照したことが無い。オブジェクト配置のガイド表示、使いやすいインスペクタ、そして豊富に用意された魅力的なアニメーションエフェクトの数々など購入価格以上の中身だと思う。Keynote2になり、追加されたアニメーションを早速使っているが、聴衆を引きつける効果は絶大だ。また、自動ビルド設定はとても便利で自作アニメーションのような効果を簡単に作ることが出来た。
プレゼンソフトと言えば、職場ではほぼPowerpoint一辺倒。先日も300人くらいの職場スタッフを前にしての講演を行ったのだが、参加者から「あそこまでPowerPointを使いこなされているんですねえ」というコメントが。。。「いえ、あれはPowerpointではありません。MacのKeynoteという。。。」とMac宣伝タイムに突入。うちの職場での講演会ではハードウェア周りを専門の業者が担当しているのだが、その担当者に対しても「あんなプレゼンをしたいのだが、何をそろえればいい?」との質問が飛んでいた。
「いえ、あれはMacでして。。。」
「ああ、やっぱりMacだからできるの?」
「いえ、ハードのスペックがMacの方がWinより優れているということではなくて、Macのあのソフトが優れているからでして。。。」
などと苦しい対応をしているのを見て、シメシメとほくそ笑む。その業者は職場内でVAIOなどWin PCを販売しており、Appleのことを相談されて、さぞかし困ったことだろう。あまりにも講演のウケ(内容よりもスライド?)が良かったので、Keynote宣伝用に簡単なプレゼンファイルを作って、相談してくる人間への説明用にしている。数分で作成したこのファイルを見てMacへのswitchを検討し始めてくれれば言うこと無しなのだが。


safari宣伝.jpegKEYNOTE2紹介.mov


ひとつ次期バージョンへの希望を書いておくと、それはハンドアウト作成機能。プレゼン内容をスライド数枚毎にまとめて印刷して配布資料にすることが多いのだが、Keynoteの現バージョンでは単独で対応できていない。とは言うものの、これもPowerpointへ書き出してからハンドアウト作成に持っていくことで解決している。Powerpointへの書き出しは簡単、短時間ですみ、ほぼ忠実に再現してくれている。もちろんトランジションなどエフェクト効果やフォントは再現されないのだが、他のトランジションやフォントに自動で置き換えてくれるのだ。この辺のWin userを意識した気配りにも最近のAppleは抜かりがない。



posted by pura3 at 10:30| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月24日

AppleデザインとFolon

最近のMacで見られるAppleのロゴマークは白やグレー一色だ。iMacまでの七色リンゴマークが今や懐かしい気がする。七色リンゴロゴにも二世代あって、旧七色ロゴのフォントはレトロにもモダンにも見えて素直にかっこいいと思う。

monologo.jpeg  nanairoold.jpeg  

初期マックのマニュアル表紙等で見られたカラフルなAppleロゴはピカソっぽいデザインで、初期マックの魅力が視覚的に伝わってくる優れたデザインだと思う。今でも古くさく感じないデザインを見ていると、Appleは昔からデザイン面でのこだわりがすごかったんだと感心する。

picasso.jpg


実はこれより前に、Steve Jobsがあるデザイナーにロゴデザインを依頼していたことを最近知った。しかもそのデザイナーは個人的に大好きなJ.M.Folonなのだと知ってびっくり仰天。FolonがデザインしたMacのロゴやイラストが存在しているかもと、必死に探したのだが、なかなか見つからない。古本屋で入手した「Macintoshに愛をこめて(ソフトバンク)」(この本はApple関連雑学本としておもしろい)に少しだけ記載があり、イラストもあったのだが、小さくてよくわからなかった。その後、eBayで偶然出品されていたのを見つけた古いロゴバッジのデザインがFolonらしくて、なんとか確認を取りたいと思うが資料に巡り合わず、最近やっと海外サイトで写真入りコラムを発見した。
Steve JobsはMr.Macintoshというものを全てのMacに潜ませるアイデアを持っていたようで、そのデザインをFolonに委託したらしい。完成したFolonらしいデザインのMr.Macintoshはナント、1983年には一部のロジックボードにエッチングされていたようだ。最終的には、理由はわからないがFolonのデザインは採用されず、カラフルな七色デザインロゴに置き換わってしまったらしい。デザイン的には七色デザインの方が優れていると思うが、FolonらしいデザインのMr.Macntoshがほとんど日の目を見ずに消え去ったのは惜しいと思う。

macman.jpg  macman-2.jpg

logic.jpeg

Mr.Macintoshとは別に、FolonがデザインしたMac宣伝用のイラストも存在しているようで、こちらもフランスのサイトで写真を見つけた。一般受けはしないデザインだと思うが、大のFolonファンとしてはこのポスターを入手して部屋に飾りたいと思っている。

folon_small.jpg
posted by pura3 at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月20日

Apple関連のアーカイブサイト二つ

1995年にPerforma 6210を購入して始まったAppleとのお付き合いも今年で10年。Jobs氏が復帰し、iMacで勢いを取り戻し、iPodで急加速、Tigerで絶好調をキープしていこうとしているAppleも低空飛行を続ける時期があった。そんな10年間を思い出させてくれるサイト「マク」さんのサイトで紹介されていた。
1997年3月12以降のapple.comのフロントページを集めたサイトなのだが、懐かしく楽しんでいる。"Think Different"キャンペーンはWin一色の時期に孤高の魂、プライドを見せつけてくれる素晴らしい広告だったと思う。あの精神が今の絶好調のAppleに導いたに違いないと思っている。eBayで落札してなんとか入手した白黒の"Think Different"ポスター集は今でも大事にしまってある。

article.jpg


eBayで落札したレアな宝物と言えば、"So Far- The First Ten Years of a Vision"というカラー本だ。Appleが創立10周年を記念して当時の従業員に配布したという限定本なのだが、初期のApple productsや若々しい(髪フサフサの)Jobs氏らの写真など貴重なショットが満載されている。この本以上にレアで欲しくてたまらないのが1984年に一部の販売ディーラーに配布された"Macintosh "Picasso" Display Light"だ。海外オークションサイトでも15万円を下らない超がつくようなレア物だが、いつか入手したいと思っている。

sofar.jpg display.gif


Appleのアーカイブ系サイトとしてもう一つ、大のお気に入りサイトがある。Appleの広告は凝っていて優れたデザインのものが多いのだが、歴代のCM動画ファイルなどを一同にコレクションしているサイトだ。ドイツのサイトでドイツ語は読めないのだが、"TV Spots"などのタグをクリックしていくと、貴重な動画ファイルや記事画像がてんこ盛りなのだ。リドリースコット監督を起用した伝説の"1984" CMを始めとした歴代の広告を見ていると、今のAppleの好調さがiPodのヒットで運良く導かれた一時的なものでは無いことが理解できると思う。


1984.jpeg 19842.jpeg 19843.jpeg

p01.jpg ad_maserati_l.jpg







posted by pura3 at 20:20| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月18日

Tiger飼いならし(され)記 - Mac OS X Update 10.4.1登場、しかし。。。

Mac OS 10.4 Tigerの機能には概ね満足しているのだが、不具合もあちらこちらで報告されている。自分の使用環境でもいくつかトラブルが発生している。
ひとつは「.Mac同期」。今のところ3機のMacを愛用しているのだが、SafariやMail、アドレスブックの内容を同期してくれるこの機能はとても便利でありがたい。しかし、この同期がうまくいかず失敗してしまうのだ。「.Macデータをリセットして」などというアラートに従いリセットを行ってもやはりうまくいかず、「うーーん、これならPantherのiSyncの方がまともに動いていたぞ」と愚痴が口をついて出る。もうひとつはプリンタ印刷。自宅ではHP のPSC 2450 Photosmartを愛用しており、Pantherの時は"AirMac Extreme"を中継した"Bonjour(旧Randevous)"機能で無線接続でのプリントを行っていた。便利なこの機能もTigerインストール後はうまくいかない。プリンタに接続しにはいっているようなのだが、途中でストップしたような形で延々印刷してくれないのだ。USB接続では印刷してくれるのだが、やはり一度無線プリントを経験すると不便に感じてしまう。
そんな状況でタイミング良くMac OS X Update 10.4.1が発表された。「10.4.1 アップデートにより、Mac OS X v10.4 の信頼性の全体的な改良が行われます。すべての対象システムでアップデートをお勧めします。」ということで、すぐさまアップデータをかける。もちろん先の2点が改良されていることを多いに期待して。
無線プリント機能はまだ試していないのだが、「.Mac同期」については依然トラブルが解消されていないようだ。Safariのブックマークが消えてしまうのだ。バックアップデータから復旧すれば良いのだが、面倒くさい。アドレスブックやMailでの同期はトラブル無さそうだが、Safariの件があるので、一部データが飛んだり、同期によるアップデータが行われているのかどうか疑心暗鬼になってしまう。Appleのサイトの"Discussion Boards"にも同様のトラブルは報告されているようだが、決定的な解決法は示されていないようだ。「.Mac同期」はTigerのセールスポイントであるはずなので、このトラブルは早急に解消してもらいたい。せっかく魅力十分でAppleの自信作であるTigerなので、素早く適切なアップデータ提供で「Appleはサポートもスゴイ!」と新ユーザーをうならせて欲しいものだ。

posted by pura3 at 08:04| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月16日

NOKIA HS-4Wでのハンズフリー通話

毎日通勤でマイカー運転をしている。昨年の道交法改正前から、携帯電話のハンズフリー環境を模索していた。ワイヤードのヘッドセットを数種類試し、Bang&Olufsen Ear Set 1 のデザインをすごく気に入っていたのだが、やはりケーブルがうっとうしくてたまらなかった。
その後Bluettoth接続のワイヤレスヘッドセットが数種類入手可能ということがわかりNOKIA HS-4WをExpansysで購入。購入時に充電用アダプタが付属せず、新たに買い足さなければならなかったのには苦笑したが、何よりもそのデザインにひとめぼれしていたので待つ日数は苦でもなかった。購入時はAU-1302S+Bluetoothアダプタ(0201NPK)の環境で使用。本来想定されていないBluetoothアダプタでの接続は、繋がるまで試行錯誤が必要だったが何とか成功。まずまずの使い勝手だったが、やはりアダプタをいちいち接続するのが面倒になり、Bluettoth内蔵携帯A5504Tに機種変更した。
5504Tとの接続は容易であり、ペアリングもすぐに成功した。バッテリーは十分にもってくれるし、通話ボタン2度押しによるリダイヤル機能もとても便利で、以後快適なハンズフリー通話環境を楽しんでいる。マイカー運転中以外でも、バッグの中に携帯電話を入れっぱなしで通話できるのは便利だ。ただし、携帯も持たずに談笑する姿は傍からは変に見られるかもしれない。店内等でハンズフリー通話していて「その耳にかかっているのは携帯電話なんですか?」と聞かれたことが数回ある。Bluetooth接続のヘッドセットは最近幾種類か発売されているが、今のところNOKIAのデザインを越えるものは無いと思う。ただし、改良を切望する点もいくつかある。一番は音量で、HS-4Wでボリューム調整可能なのだが、最大にしても音量が小さいのだ。室内での使用では大丈夫だが、車内での使用にはもう少しボリュームアップが必要だと思う。高速走行時はカーステを消しても聴き取りにくい。もう一点は、時々ペアリングが解除になり再接続に時間がかかることがあることだ。3月末からは日本国内での販売も始まったようで、これらの問題点が改良されているのならぜひ買い替えたいのだが、どうなのだろうか?

DSCF0160.JPG DSCF0158.JPG






posted by pura3 at 01:13| Comment(0) | TrackBack(0) | Items | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月13日

お気に入りスクリーンセーバー

Tiger付属のスクリーンセーバー、"RSS Visualizer"をとても気に入ってるのだが、これに出会うまではダントツのお気に入りだったスクリーンセーバーがある。
リテラ・クレア証券がサービスで配布しているスクリーンセーバーなのだが、凝りに凝っている。機能的には「時刻表示系」のセーバーなのだが、背景色が50色以上あり、それらが時々刻々変化していくのだ。万年カレンダー等を表示してくれるオプション機能もついているし、セーバーが立ち上がってくる時の(この時に背景色を選択することもできる)アニメーションもcoolだ。機能・デザインともに無料配布とは思えない素晴らしい出来栄えだと思う。
screenshot1.jpeg
retelacrea.jpeg

時刻表示系スクリーンセーバーといえば、個人的に再配布を熱望しているものがある。"yugop.com"のアーカイブで見ることが出来る"CLOCKBLOCK"というFlashだ。このサイトのコンテンツすべてが素晴らしいFlash(おそらく)で埋め尽くされているのだが、かつてはMac用にも配布されていたと思われる"CLOCKBLOCK"のスクリーンセーバーは現在リンク切れになってしまっている。積み木を積み上げる動画と時刻表示を組み合わせるという斬新なアイデアは初見時には思わず数分間見とれてしまったものだ。なんとかOSX上で動くスクリーンセーバーとして再提供していただけないだろうか?
yugop.jpeg

posted by pura3 at 11:38| Comment(1) | TrackBack(2) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月11日

Tiger飼いならし(され)記-お気に入りwidget、そして問題発生??

Bluetoothワイヤレスマウスの親指ボタンで一発呼び出しのDashboardを使う頻度は日に日に増えている。使い始めてから、無くてはならない感覚に陥るまではあっという間だった。
純性以外のwidgetで現在愛用している一つが「英辞郎Dash」。Macで作業中に英和・和英辞典を参照することが多いのだが、これまではデスクトップ上に常に辞書専用のフローティングウィンドウを用意することが出来る「英辞郎ミニ」を愛用してきた。常に収録語に改訂追加が行われている国内最大級の英日辞書データベースである「英辞郎」を高速にインクリメンタルに検索してくれる「英辞郎ミニ」は本当に便利だ。Dashboard機能が発表された時に「誰か英辞郎用のwidget作ってくれないかなあ」などと他力本願な希望を持ったものだが、なんと!Tiger発売の頃にはまさにお望みのものが既に発表されているではないか。早速インストールさせていただいたが、機能的にはとても満足で「使いたい時にすぐ呼び出せる」というメリットが加わり、自分にとっては手放せないwidgetになった。製作者の沼田さんには本当に感謝している。
英次郎大.jpeg

もう一つ純性以外のwidgetでお気に入りは"Capture"。スクリーンショットを撮ることができるwidgetなのだが、キャプチャする領域をスクリーン全体、ウインドウ、選択範囲と切り替え可能だし、オプションでスクリーンショットのファイル形式を設定できたり、保存場所を設定できたりと十分すぎる機能なのだ。本ブログでのキャプチャ画像もこれを使っている。
screenshot1.jpeg

便利なDashboardだが、気になる情報も耳に入っている。「Dashboard」はハッカーに狙われる可能性があると指摘する記事があるのだ。トラックバックさせていただいたCARNIVALさんによると「(システムに故意に悪影響を与えるような)ウィジェットをファイル単位で削除することは可能だけれど簡単に削除できる仕組みではない」ということで、確かにHome/Library/Widgetsから削除するという方法はMac初めてのユーザーには難しいと思う。Appleには悪意あるwidgetがインストールされた時の防御策を早く提示してもらいたい。
posted by pura3 at 19:14| Comment(1) | TrackBack(0) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月09日

Tiger飼いならし(され)記-トラの気温予報は涼しめ?

Tigerの新機能であるDashboardでは好きなウィジェットを簡単に登録できて好きな時に呼び出せる。デフォルトで登録されているウィジェット群には見栄えは良くても普段あまり使わないものがあるので早速解除。購入時からのお気に入りは天気予報。週間天気予報まで表示できるしイラストが美しい。
ところで、しばらく天気予報ウィジェットを使っていて気になったことがある。表示される最低・最高気温が若干低いような気がするのだ。試しに同じタイミングで気象庁のサイトの週間天気予報を表示し、比較してみた。
天気予報2.jpeg

気象庁サイトでは
天気予報1.jpeg

やはり予想気温が天気予報ウィジェットでは低めに表示される傾向があるようだ。日によっては5度以上も低めなこともある。おそらく参照している気象データソースが異なる為なのだろうが。。。

トラの体感温度はヒトより低めということか。
posted by pura3 at 09:19| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月07日

Tiger飼いならし(され)記-Dashboardの設定

Dashboardはファンクションキーを一押しすれば、フワッとデスクトップに現れる小粋な単機能アプリケーション群だ。このフワッと現れるというアニメーション、ウィジェットを登録する時の波立ちアニメーションもそうなのだが、美しくて楽しい。このちょっとした楽しさ、美しさ、機能プラス視覚・心理効果がOSXになってからの大きな魅力になっていると思う。そんなものメモリ喰うし、高スペックなハードいるし、必要ないって思うかもしれないが、毎日使う道具だからこそ、そんなプラスアルファが使う者の心を潤わせ作業効率にも影響がでると思う。
さて、そのDashboardだが、ウィジェットと呼ばれる単機能アプリを好きなだけセレクトして登録でき、(もちろんそれだけメモリも喰うのだろうが)好きな時に呼び出し、用が済めば、素早く簡単に消すことができる。呼び出し・消去にはファンクションキーを設定できるのだが、これまた便利なExpose´機能にもファンクションキーを設定するので、設定キーを整理しておかないと、ファンクション迷子になってしまう。自分は愛用のマウス"Logitech MX 900"のファンクションボタンの3つにDashboard&Expose´を設定している。このBlutoothマウスは純製キーボードに付けたApple D-Link DBT-120 USB Bluetoothアダプタとペアで使用し、ワイヤレスに快適な操作性を実現していている。Dashboard&Expose´はとても便利なので、それだけに呼び出しも出来るだけ簡単に行いたい。ワイヤレスマウスからワンクリックで呼び出されるこの設定が今のところ自分としてはベストだと考えている。
マウス.JPG

愛用のBluetoothマウスであるが、大きさとファンクションボタンの位置に購入当初は少し違和感があったが、今では慣れてすこぶる快適だ。結構バッテリ喰いのBluetoothマウスが多い中で、充電クレードルに置くだけで充電されるのもありがたい。Amazonでチェックしてみると、同社の後継型MX1000が発売されているようだ。レーザー方式採用でトラッキングが更に良くなったらしい。うーーん、買い替えたいなあ。


posted by pura3 at 11:20| Comment(11) | TrackBack(0) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月06日

Tiger飼いならし(され)記 - Spotlight初使用 

先日書いたようにTigerのSafariではPDFファイルをブラウザ内で閲覧する機能がなかなか充実している。ところがPantherからの上書きインストールをしたので、Pantherの時にお世話になったシェアウェア"PDF Browser Plugin"が入ったままなのでpluginでのPDF閲覧機能が優先されてしまう。そこでpluginをアンインストールすることにした。

これまではファイル検索時は"EasyFind"を愛用していたが、Tigerの目玉機能であるSpotlightを試すよい機会だと思いトライ。
おお、入力欄にキーワードをタイプする度にインクリメンタルに検索が行われている!
スピード速ーーーい!!あっという間に目的ファイルが見つかる。
目的ファイルを右クリックして"Finderで表示"すればFinderの階層表示で示すことも簡単。検索から削除するまで、この間数秒!!これは素晴らしい。"EasyFind"での検索も「一生懸命探してもらってるんだからこのくらいの時間当たり前」と検索時間に文句を言えなかったが一度Spotlightを経験してしまうと、もう戻れないというのが正直な感想。"EasyFind"では不可視ファイルの検索を行うことができるが、Spotlightでも可能なんだろうか?不可視ファイル検索が必要になることはそう無いので、今後はファイル検索はSpotlightに決定。"EasyFind"よ、長い間ありがとう!

ついでにSafariでのPDFファイル閲覧の感想を。
PantherのSafariで"PDF Browser Plugin"を使っていた時に比べて表示速度は速い。PDFの内容表示についてはpluginで表示した時は保存や印刷などの機能のアイコンボタンが表示されたのに比べると実にシンプルで素っ気無い。しかし右クリックで表示オプションを選べるし、メニューから"別名で保存"したり"プリント"したりできるので機能に不満は無い。

Pantherではフリー・シェアウェアで実現していた機能がTigerではデフォルトで装備され、しかも純製機能故に速くて便利になっていることが多そうだ。

「TigerはMacOSの歴史の中で最も画期的なアップデート」というJobs氏の発言が決して大袈裟な煽りでは無いことを、今後しばらく実感することになるのだろうな。(と見事にAppleの戦略にハマっていく自分。。。笑)

posted by pura3 at 09:56| Comment(20) | TrackBack(0) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月05日

なぜ私は林檎を齧ってしまったのか?

Apple-Styleさんでリンクしていただいた途端に、訪問者数が急増した。せっかくブログを始めたのだから少しでも多くの方とコミュニケイトしたいと思っているので素直に嬉しい。というわけで、今日はAppple-Styleさんのトラックバック企画「なぜ貴方は林檎を齧ってしまったの?」に参加したい。
初めてのMac購入は1995年の冬だった。大学院に入りパソコンでワープロしようと迷っていた時に研究室の先輩が勧めてくれたのがMacだった。その先輩はWinユーザーであったのだが、どういうわけか「君にはMacの方が合っていると思う。」と言われた。自分のどういう部分が「Mac向け」だと判断されたのかは今もって謎だ。しかし、あの時にMacを勧められていなければ、こんなに楽しいMac生活が無かったのだから先輩には感謝せねばなるまい。
購入した機種は「Performa 6210スペシャルセット」だった。標準のPerforma 6210のハードディスクを800MBに拡張すると共に、Apple製プリンタ「ColorStyleWriter 2200」をセットにした商品だ。早速Claris Works(現Apple Works)でのワープロ文書作成、同包されていた「宛名職人」での年賀状作りに取組み、Macの使い回しをマスターしていった。そしてインターネット(14.4kという今では超スロースピードなモデム接続だったなあ)環境をスタートさせ、その新しい世界に夢中になる頃からは毎日Macと接しないと一日が終わらないような気がするようになった。その後は数々のMacを買い替えていくことになり、Appleの新製品発表の度に財布のヒモが緩みがちになるというAppleの戦略に見事にはまり込んでしまっている(笑)。でも多くのMac userがそうであるように、私もApple社が提供する新しいソフト&ハードに魅了され続け、心からMacを愛してやまないのだ。
職場のPCはどんどんWinに置き換えられていき、現在はMac使いは少数派だと思う。Win環境でのMS Word、Excell、Powerpointが絶対的に共通言語であると認識されている世界にいるので、一般的には「右に倣え」でWinを使っている方が安心なんだろう。WinとMacを比較してどちらが優れているかを議論するつもりは無い(そんなもの答は決まっている!)。ただ、日々愛用するペンや自動車を購入する時に、周りを見渡して「右に倣え」で選択するのが一番とは限らないだろう。安全性や機能性などカタログ上のセールスポイントも重要だけど、日々使うものだからこそ、その使い心地に魅了され心から愛着がもてるものを選択することは間違ってはいないはずだ。その方が仕事の生産性も上がるし、毎日が数倍も充実してくると思う。
10年前のあの冬、林檎を齧って本当に良かった、素直にそう思う。
6210.jpg
posted by pura3 at 22:55| Comment(1) | TrackBack(0) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Tiger飼いならし(され)記 - Safari

快晴のG.W中ということでMacの前に座る時間も少なくなりがち。でもMailチェックやSafari巡回は短時間でこなしている。そんな短時間の使用においてもTigerの快適さ、便利さに嬉しくなることがしばしばだ。
Safari関連の新機能ではRSSリーダ機能が随所で取り上げられているが、個人的にはフーンという感じ。まだRSSリーダ機能の恩恵に預かっていないからだろうけれど。
自分として嬉しい追加機能は、まずWebページのアーカイブ保存機能。特定のwebページをテキスト保存ではなく、全体のイメージそのままで保存したい時、以前はシェアウェアなどを使ってなんとか保存していたが完全に保存できるわけではなく、正直使い勝手が良くなかった。ところが、TigerのSafariではファイルメニューから「別名で保存」を選び、保存フォーマットとして「WEBアーカイブ」を選択するだけという簡便さ。スゴイと思ったのは埋め込みコンテンツもすべて保存してくれたこと、しかも瞬時に、だ。例えばID for Weblifeで作成されたWebページを保存したらコンテンツすべてが保存されている!Pantherでも特定の方法で可能だったのかもしれないが、Safari単独で出来るのはとてもありがたい。
もうひとつ嬉しい追加機能は、リンクのPDFをブラウザ内で表示する機能。これもPantherの時はシェアウェアを使って実現していた機能だが、TigerからはSafari単独でOK。しかも表示が結構早い。その上、PDFページの表示方法をコンテクストメニューから細かく指定できる。仕事で文献や資料のPDFファイルを閲覧したり保存することが多いのだが、非常にありがたい機能追加だ。

posted by pura3 at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月03日

爽やかなドライブのBGM - Nelson Rangell

今日は家族を連れて大阪泉南の二色浜へ。午前中は潮干狩り、午後からはテニス、最後はスーパー銭湯「虹の湯」で疲れた体を癒す。雲一つ無い天気、気温も上がりすぎず、爽やかな天候で素晴らしい休日を楽しめた。
本日のドライブのBGMはNelson Rangellの"My American Songbook, Vol. 1"。iPod Shuffleに取り込んだファイルをカーステにAUX接続して再生したのは爽やかなドライブにぴったりのgood musicが11曲。Nelson Rangellは昔GRPレーベルで聴いて以来だったが、かつてよく比較されたDavid Sanbornとはかなり違うカラーの新作だと思う。サックスにフルート、口笛まで多様に駆使してジャケット写真のように伸びやかに演奏しているんだけどファンクくさいアレンジは皆無、ブローしまくることもない。よく聴けばかなりテクニカルなフレーズを連発しているのだろうが、軽やかに聴けるのは曲のアレンジのせいなんだろうな。タイトル通り彼の愛するアメリカンスタンダードからの選曲は"America"からEW&F、"Billy Boy"そして"Cherokee"までとバラエティに富んでいるが、あくまでも爽やかで聴きやすいアレンジで一貫している。聴きやすいと言っても、Kenny Gほど甘すぎないので日中のドライブに合う。一曲目の"America"へのintroductionは、Pat Metheny Groupの"First Circle"のイントロを意識したんじゃないかな、いや、こっちの方がよっぽど素直だし、ちゃんと手拍子で追っつけるけど(笑)。"Cherokee"も「こう来るか!」ってアレンジ。クレジットを見るとbassとpianoがYellow Jacketsの面々、そりゃアレンジ良いに決まってるよね。
posted by pura3 at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月02日

Tiger飼いならし(され)記 - 第一印象

ブログを始めるきっかけになったことの一つに新しいMac OSに移行したことがある。
10年前に初MacであるPerforma 6210を購入した時のOSが漢字Talk 7.5.1。それ以来すべてのMac OSを愛用してきたが、先代のOS 10.3 "Panther"の完成度には満足していた。安定していたし、毎日の使用においてほぼ不満無し、iLifeやiSyncなどApple純正アプリとのコンビネーションは素晴らしかった。
正直言って、Tigerの開発途中で聞こえてきたDashboard等の新機能はOSを重くするだけに思え、ハイスペックのマシンが要求されるようになるのは嫌だなと思っていた。
そうは言うものの、筋金入りのMacユーザー(と勝手に思い込んでいる)である自分としては全世界で最も早い時間帯に新OSを入手できるという宣伝文句に見事に躍らされて29日の発売日にはApple Store Shinsaibashiに直行。昨日にはいそいそと新OS "Tiger"をインストールしたのであった。使ってみると先の不安は吹っ飛び、新OSの改良・追加点に出会うたびに感動するばかり(元来単純なのだ)。新OSの心地よい使用感に気分も軽く、その勢いで本ブログ始動に至ったのだ。

さて、Tigerの使用レポートは随所でアップされているが、個人的な感想を徒然なるままに。
・起動が速くなった。
・全体的に動作がキビキビした印象。Mac OSってver upで軽くなり、以前のハードでも使えてしまうのでハード買い控えに繋がるかもしれないという経営面を度外視したようなことを以前からやってくれる。この辺は「窓」なPCとは精神が根本から違うと思う(かなりアンチWinなので)。
・すべてに渡って日本語フォントがキレイに見やすくなった気がする。
・Mailのウィンドウデザインが変った。(すぐに慣れたし、こっちの方が使いやすいかも。)
・随所で報告されている通り、Spotlightの検索索引作成にはハードディスク内のデータ量に依存して長くかかる。自宅メインマシンのiMac G5 (1.8GHz)ではiTuneやiPhotoのデータが結構多いせいか半日以上かかった。でも、検索作成は完全にバックグラウンドで行われていて、その間他のアプリ使っていても全然動作変らないから気にならない。昔はこのようなデータベース作成作業中って他のアプリ作業は動作遅延でストレス満開だったのに、やっぱりOSXスゴイ!
・スクリーンセーバーのRSS Visualizerはスゴイ!映画Matrixの緑文字ダラダラをアクア風に美しく仕上げ、文字列の立体的な動き(トルネード?)を加えた感じ。見ていて飽きない。っていうか仕事に戻ってきた時にセーバーに見入ってしまうので復帰解除までにワンポイント遅れてしまうのが難点??
・Dashboardはフーンって感じ。デフォルトのWidgetでは天気予報と単位換算、翻訳をセットする。今のところ支障はないが、かなりメモリ喰いって報告もあるようなのでどうなんだろう?まあ、Appleのことだからアップデータでブラッシュアップかけてくるんだろうな。
・.Macが大幅に変更された。.Macのトップページがポータルサイトみたいなデザインに変更されて見やすい、便利そう。同期項目が増えている。ブックマーク、アドレスデータ、カレンダー、キーチェーン、メールアカウントやメールのルール、署名も同期される。PantherのiSyncでカレンダー、アドレスデータ、ブックマークが同期出来るようになりかなり重宝したが、同期項目を増やして更に便利になったかというと、今のところは正直実感に乏しい。複数マシン所有者にとっては便利。iSyncは無くなったの??PantherからアップグレードインストールしたのでアプリホルダーにiSyncは残っているし、実際動くんだけどTiger新規インストールではiSyncは消滅??じゃあPalmデバイスとのsyncはどーなるの??うーーん。
・Virexが.Macサービスから消滅。Pantherで使っていたVirexはTigerでは使用不可、っていうかTiger環境では悪影響なので消すべしという情報を入手していたのでアンインストール。VirexがTiger対応になったらサービス復活か消滅か?どっちにしろ、それまでウイルス対策はどうしよう??
・Quicktime7については、とりあえずここのサンプルを見ただけだが、ものすごいハイクオリティな動画に感動!Proヴァージョンにアップグレードしたら色々と便利らしいので、たぶん、してしまうんだろうな。

取り合えずファーストインプレッションはこんなところ。


posted by pura3 at 14:13| Comment(1) | TrackBack(3) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月01日

ブログ始動!

Macを使い始めて10年目。これまで何度も何度もマイサイトを立ち上げようと思い立っては実行できなかった。
coolなサイトを作るぞ、とチカラ入りすぎてイメージ倒れだったんだと思う。
ブログなら簡単かも?続けれるかも?今年こそ!と思っているうちにもう5月。
とにかく始めなきゃ!とサ・イ・ショ・ノ・ダ・イ・イッ・ポ!
タリアセンライト.JPG
写真はFrank Lloyd WrightのTaliesin 1。
ブログ初日用の画像を全く準備していなかったのだが、室内を見渡して初画像はコレに決定。ブログ撮影用に久しぶりに点灯させたけど、古さを感じさせず全く飽きないデザインにしばし見とれる。

posted by pura3 at 19:57| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
MacBook Pro

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。