2006年07月15日

本日のプレゼンは少々基本に立ち戻って by Keynote3

 久々のエントリーだ。これだけ間隔をあけてしまったのはブログ開設以来初めてかもしれない。日々の業務は確かに多忙だった。しかし問題は多忙さではなく、小生自身の心理状態だった。熱くなれない、日常のすべてに対して心の高ぶりを感じられなかった。当たり前にこなせていた事がすべて億劫になり、本ブログにエントリーすることも苦痛になっていた。せっかく取れた夏休みの予定を立てることにも熱意がわかず、家族に申し仕分けなく思っていた。こんな時は焦っても仕方ない。再び心身が活性化するまで気楽に長そうと努めているうちにこんなに日が経ってしまったのだ。

 さて、本日は小生の後輩に当たる若い世代を対象に45分間の講演だった。もちろん愛機PowerBook G4 12 inch + Keynote3を駆使して。上記のように熱意低下のままでのプレゼンであったが、自らを奮い立たせるためにKeyspan Presentation Remoteを使ってわざと会場を歩き回りながら行った。近い距離で出席者の表情を見ながらプレゼンを行っていると、自然に気持ちが高ぶってくる。眠そうな顔、理解できていない顔を見れば何とか説明してやろうと思うし、真剣な顔や笑顔を見れば、こちらのスピーチのテンポやアドリブにも拍車がかかってくる。プレゼンもコミュニケーションなんだなと思う。以前に書いたプレゼン中のカーネルパニックのようなトラブルが発生することもなく発表者ディスプレイの残り時間2分にて無事終了した。

keyproof1.jpg keyproof2.jpg

keytokyo1.jpg Keytokyo2.jpg


 今回のプレゼンの内容は昨年既に同内容で講演済みのもの。昨年はKeynotePro.comの"Proof (-)"で作成したが、今回はKeynote Themeを変更して同社の"Tokyo RPG"で作成し直そうと決めていたのだが、現在の業務に対するモチベーションではそこまで実行するのに至らなかった。と、同時にいつも拝読させていただいているwoodenshipsさんの7/10のエントリーにインスパイアされ、Keynoteのテクニカルな部分に頼らず、プレゼン内容を見直して可能な限りブラッシュアップしようと考えた。woodenshipsさんがコメントされている「Keynote使いが使いが陥る6つのワナ」や企画書の作成過程は至極ごもっともな内容であり、KeynoteのTheme変更のような小手先の改訂ではなく、しっかり内容を推敲しようと思い立ったのだ。

 自分が一年前に作成したKeynoteファイルを改めて見直すと、トランジションやアニメーションを使うことでツタエタイコトをかえってわかりにくくしてしまっている箇所が結構散在しており、あっという間に半日ほど夢中になって内容を再構築してしまっていた。いつのまにか業務へのモチベーションを少しは取り戻せたのかもしれない。。。

プレゼン準備の根本的な部分に目を向けさせ、小生の業務へのモチベーションを刺激して下さったwoodenshipsさんに感謝!


posted by pura3 at 16:47| Comment(0) | TrackBack(1) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

Woodenships
Excerpt: Macオンラインウエア情報 iClip どの仕事だって同じだ はてなアンテナ ページが更新されました はてなアンテナ ページが更新されました はてなアンテナ ページが更新されました 聴いたり書いたり集..
Weblog: Woodenships
Tracked: 2006-08-19 00:27
MacBook Pro
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。