2005年08月20日

2005 Apple Summer Camp

 Applesoreでは様々なイベントが行われている。iTMSオープン後は特にlive演奏など音楽関連のイベントでにぎわっているようだ。そんな中、"2005 Apple Summer Camp"が心斎橋ストアで先日開催され我が妻と息子が参加した。このイベントはムービーワークショップ、フォトワークショップ、ミュージックワークショップの3つのワークショップからなり、親子で参加、子供は8歳から12歳までが対象。各ワークショップでは2時間半の実践型学習を通じて、Macを使った創造的なクリエイティブの方法を学び、作った作品はCDまたはDVDに保存して家に持ち帰ることができる。

 参加したのはフォトワークショップ。申し込んだ時は、まあ無料だし子供だましのお遊び体験コーナー程度の内容だと思っていたのだが、後で聞いてみるとなかなか充実した中身で驚いた。参加した子供7-8人にスタッフ3名がつき、終始笑いが一杯の楽しい雰囲気だったらしい。デジカメを貸し出して店内の好きな場所を撮影させ、一人一台あてがわれたMacに取り込ませる。そこから後はiPhotoの一連の機能を分かりやすく解説して実践。好きなようにトリミングや微調整をしたら、スライドショーを作成、(トランジション選びが楽しかったらしい)、BGMを加えて完成後にはDVDに書き込んで「お持ち帰り」という本格的な内容だ。そのほか、参加者全員にSummer CampワークショップオリジナルTシャツとワッペン、そして修了証明書までプレゼントという太っ腹ぶり。息子いわく「とっても楽しかった。」自分の作ったオリジナル作品を自慢気に披露してくれた。「フィールドガイド」という小冊子がテキストだったようだが、子供向けにわかりやすく書かれている。何よりもオレンジ系でまとめた色合い、アイコンとイラストを絶妙に配したテキストデザインは流石のアップルクオリティ、無料であっても手抜きはなかった。帰宅後、2人はiBookを囲んで新たなスライドショーを楽しんだそうだ。しかも作業で行き詰まる妻を息子が「指導する」事もあったらしい。たったの2時間で小学生低学年にも使いこなさせることを実現させるなんてところが、Apple製ソフト&ハードのクオリティなんだろうと思う。

TS320038.JPG  TS320039.JPG

 将来のAppleユーザー予備軍を育てるなんて大袈裟な意図は無いのだろうが、iPodでAppleに出会っただけのようなユーザーやファミリー層にMacの使いやすさ、楽しさを伝えるのには十分な素晴らしい「サマーキャンプ」だったようだ。

TS320037.JPG



posted by pura3 at 12:03| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
MacBook Pro
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。