2006年05月01日

やっと1周年、いや、もう1周年のPura's Taliesin!

 平成17年5月1日に本ブログを始めて本日でちょうど1年になる。大好きなApple productsや音楽、お気に入りアイテムを話題に好き勝手に書いてきた。

 訪問者数はスタート初日が26人、最初の一月は2061人だった。幸運にもApple-styleさんいぬりんくさんにリンクを張っていただいたり、各所でご紹介いただいてからは一日に1000人を超える方に方に来ていただく事もしばしばになり、今年の1月には月間訪問者数が1万人を突破、昨日までの1年間で85483人の方に足を運んでいただいた。(ご紹介いただいた皆さま、本当にありがとうございます!)

houmonsyasu.jpg

 小生の個人的な印象というバイアスがかかった内容、拙劣な文章表現にもかかわらず訪れて下さった皆さまには心から感謝しております。この一年間でお知り合いになった「ウェブ上のご近所の皆さま」とのコミュニケーションは本当に有意義なものであり、時に大いに助けていただきました。これからも片意地張らず変わらぬスタイルで本ブログを続けていきたいと思います。今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。


posted by pura3 at 10:52| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月20日

先週見かけたMacっぽいモノ

 先日のエントリーで書いたようにBang & Olufsenの最近のプロダクトにはAppleコンシャスな味付けが成されていると思うのだが、そのショップバッグのデザインはモロにMacっぽいと思う。グリーンを基調にしているけれど、これをブルーに変えればAquaなデスクトップデザインにiPodのインターフェースデザインをmixした様に思えてくるのだが。。。

B&Obag.jpg

 昨日は家族でUniversal Studios Japanに行った。春が近づいているとは思えないほどの寒さが身にしみた一日だったが、USJはオープン5周年で街頭エンターテインメントがrenewalされるなど、今後の盛り上がりを期待できるサービス満開だった。ライド系アトラクションに目新しい変化はないが、パーク各所で催される街頭ショーはどれも楽しめる内容だった。(特に中国の筋肉系ショーである"パゴダ”には圧倒された。)パレードイベントである「ハッピー・ハーモニー・セレブレーション」ももはやマンネリかという予想を覆す内容一新で、大いに楽しめた。パレードスタッフの人数が増え、ダンスもグレードアップ、ショー構成も個人的には今までで一番だと思った。その一方で、もはやハリウッドムービー体感パークというカテゴリーは崩壊したと思えわざるをえないキャラクターエンターテインメント偏向には今回も首をひねりたくなった。その最たるものが『ケロロタウン in ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(TM)』で、このアニメのことは全く知らないが、ハリウッドとは恐らく何の関係もないだろう。突然の風雨から逃げ込むように入ったこのケロロタウン、歩くうちにUSJとのミスマッチ感が強まるばかりであったが、途中出会った小道具に絶句!!この筐体は先代iMacそのままだし、OS9時代の懐かしいロゴデザインをデフォルメしたデザインが映し出された瞬間にはため息が漏れた。。。「オイオイ。。。」

macppoi.jpg

 まあ色々と思うところはあるが、パーク全体を活性化しようとする意気込みを強く感じることが出来た半日であった。2006年4月20日には5周年記念アトラクションとして、ラグーンショー「ピーターパンのネバーランド」がグランド・オープンするとのことで、これも楽しみだ。

usj06032.jpg

 最後に前回のエントリーの最後で書いたクイズ(?)の答を。

spring.jpg

 以上、誠にとりとめのないエントリーでしたがご容赦を。。。
posted by pura3 at 16:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月14日

突然の別れとなってしまった方へ感謝の気持ちを込めて

 今日はいつものエントリーとは全く異なる内容だ。プライベートな内容で、このブログを通じてある方に感謝の気持ちを伝えたいのだ。いつも見に来て下さっている方にとっては「なんじゃこりゃ?」な内容かもしれないが、今日はご容赦願いたい。

 わが家の全員が大変お世話になった方との連絡が突然取れなくなってしまった。
その方のお陰でわが家のMacライフはますます快適で充実したものになっていた。私も、妻も、息子も。。。
挨拶もできぬままの別れを認識した時はとても驚いた。そして残念でならなかった。
メールを出してみたが、返信は無かった。恐らく勤務先のメールだったので本人に届いていないのだろう。
何とかして思いを伝えたい、だから可能性は低いかもしれないが、もしかするとこのブログを読んで下さっているかもしれないので、この場を借りてお礼申し上げたい。

わが家はみんな突然の別れに驚きと寂しさで一杯です。
せめてこれまでの、短い間ながらも大変お世話になった事に対して、お礼を言いたかったのに残念です。
今どうしていらっしゃるのか、今後どのようにされるのか想像も出来ません。
しかし、どんな場所であれ、あの笑顔と真摯なお人柄でご活躍される事と確信しています。
どうぞお元気で。
また、どこかでお会いできる日を楽しみにしております。
時間が取れたらメールでも下さいませ。息子も妻も楽しみに待っています。
posted by pura3 at 21:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月01日

謹賀新年

 新年明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

年始の楽しみといえば、何といっても9日からのMacworld San Francisco 2006。
さあ何が発表されるのだろう。
Intel Macのトップを飾るのはMac mini? iBook? Powerbook?
iLife06ではどんな進化を?
アップデートされたKeynoteではどんなトランジションが加わるのだろう?
Pagesはどんなに使い勝手よくアップグレードされるのか?
Apple流のExcellは登場するのか?
年始のone more thingは?
これから日を増すことにボルテージが高まることだろう。

AppleStoreの初売りには参加できそうもない。
寒い中並ばれる皆様、暖かくして頑張ってください!

今年はどんな素晴らしいアイテムと音楽に出会うのだろう?これも楽しみだ。

何はともあれ平和で健康な新年の幕開けを迎えることができたことに感謝!
posted by pura3 at 08:52| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月31日

2005年の大晦日に

 いよいよ2005年もあと数時間、紅白を観ながら最後のエントリー。
 今年5月に本ブログを立ち上げてからあっという間の7ヶ月でした。愛するApple productsへの想いを中心にお気に入りitem & musicについて徒然なるままに書かせていただいたが、先月にはシーサーブログのアクセス解析で月間8000人を超える訪問者数を記録するまでに。訪れてくださった皆様には心から感謝しています。そして「Web上のご近所の皆様」には数えきれないくらいお世話になりました、ありがとうございます。

それでは、大晦日ということで記念すべきブログ開設初年の私的ベストアイテムを紹介。
new balanceのMW1150:8月後半に購入。幅広&甲高の我が足をonの時もoffの時も可能な限りカッコヨク飾ってくれた数年来のあこがれのシューズ。驚くべきは購入後一度も靴擦れもなく、しかも長時間の歩行時やドライブ時も足の疲れを可能な限り軽減してくれた。軽すぎず、クッション効き過ぎず、だけれど疲れ知らずな気にさせてくれて毎日の業務を強力にサポートしてくれた。1150は廃盤のようだが、来年もマイナーチェンジ後のモデルを購入すると思う。

これ以外にも、これまでAir HとPowerbookやPalmを組み合わせて何とか実施できていたモバイル環境でのメールチェック&ウェブブラウジングを携帯1本で実現してしまったAU W31Tも素晴らしかった。ハンズフリーヘッドセットJabra BT800のBluetooth接続とは思えないクリアな音源、AU 31Tとのコンビネーションでの優れた操作性は驚きだったが液晶無しの軽量バージョンを来年は期待したい。

 ベストミュージックは、本ブログでは紹介できなかったがYolanda Adamsの"Day by Day"。Jam & Lewisプロデュースの珠玉の作品を清楚に神々しいまでに歌い上げるYolandaの本作はゴスペルというジャンルを越えて全てのリスナーにお勧めできる。文句無しの内容だった。

 ベストApple productsは、一つに絞るのは無理だがそこを無理やり選ぶと
iPod nano : shuffleもその後に発売されるvideo機能搭載機も素晴らしかったが、自分にとって毎日の通勤ドライブのお供をしてくれたnanoを選びたい。Clarion社のADDZEST MAX730HD、Griffinのチャージャー、Monster iCable for iPodとの組み合わせは来年も長く愛用するだろう。

 ベストMac related productは数多く発表されたDashboard Widgetの中でも
Sing that iTune! : 小まめなバージョンアップでどんどん使い勝手がよくなっていったのには感激!iTunesの本当にベストパートナーだと思う。

 最後にジャンル不問での本年度のMy best of bestを。。。
AppleStore Shinsaibashi、そして名前こそ挙げないが大変お世話になったスタッフの方々:本ブログでも度々紹介させてもらったが、一パソコン直営店とは思えないサービス内容とスタッフの真摯なもてなしには家族全員で幸福な時間を味わせていただいた。来年も直営店ならではの真摯なサービスを期待!!

さて、紅白も残り数曲。
今年のブログはこれでおしまい。

「Web上のご近所の皆様」、どうぞよいお年を!
posted by pura3 at 23:31| Comment(15) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月20日

OSAKA 光のルネサンス2005 ウォールタペストリー「shine of heart」〜心の輝き〜

 昨週末に大阪中之島周辺で繰り広げられているクリスマスライトアップイベント、光のルネサンス2005に出向いた。関西のクリスマスライトアップイベントとしては神戸のルミナリエの知名度が全国区で一番だが、ここ数年中之島周辺で催されるライトアップもスケールこそ小さいものの全く異なる風情があって楽しませていただいていた。イベントのウェブサイトをチェックすると今年は規模が拡大されている模様で、特に明治時代に開館した歴史ある中之島図書館の正面入口壁面をスクリーンに、大型プロジェクターと照明を音楽により完全にシンクロさせるというウォールタペストリーには期待に胸を膨らませていた。

 ウォールタペストリーは、期間中の土日祝は18:00から30分ごとに7回開催される。18時過ぎに会場に到着したところ既に18:30からの分を待つ行列ができていた。そして待つこと数分、例年にない寒さが体の芯まで染みとおるのを耐えようやく会場の入れ替えが行われ運良く真っ正面に着席することができた(と言っても向かいの建物の階段に座るので臀部からの寒さも相当のものだった)。

 Boys2Menのアカペラ"Silent Night"でスタート。彼らの本曲が収録されたX'masアルバムは大好きな作品だったのでオープニングから鳥肌が立った。それからの数分間、音楽・光・ビジュアルのコラボレーションに食い入るように見入った。素晴らしい、の一言だった。USJのツリーライティングセレモニーでも会場のNYの町並みを再現した壁面にプロジェクター投影された映像が効果的に使われていたが、中之島図書館という歴史的な建造物の荘厳な3次元デザインに見事に調和した投影映像のクオリティは圧倒的に素晴らしかった。

xmas.jpg
xmas2.jpg

 高感度撮影を実現してくれるFUJI FinePix F10でフラッシュ無しの手持ち撮影した。上映される直前に会場スタッフからはくどいくらいにフラッシュ撮影禁止の指示が繰り返されていたのに始まってみるとあちらこちらからフラッシュがたかれていたのには閉口した。せっかくの素晴らしい上映がマナー欠如の愚行フラッシュのためにどれだけ雰囲気がぶち壊されていたことか。。。

 この素晴らしいイベントは12月17日(土)〜12月25日(日)まで開催されるとのこと。ウォールタペストリー以外にも中之島周辺では数々のイベントが実施されている。今年の寒さは格別だが、それを押してでも行くだけの価値ある素晴らしさだと思う。
posted by pura3 at 01:05| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月19日

ユニバーサルスタジオジャパン2005

 UNIVERSAL STUDIOS JAPANの年間パスポートを購入しているので今年は家族でUSJに行くのも7,8回目になろうか。年間パスポートがあると、ガツガツとアトラクションを全部回らないといけないという脅迫感が無いので、余裕が持て色々な楽しみ方ができている。当初は映画のテーマパークという趣きで、アトラクションを長時間並んで楽しんで、という東のディズニーランドに近いものだと思っていた。しかし、USJには施設内の各所で繰り広げられるたくさんの路上ショーが用意されている。そのどれもが、意外に(と言っては失礼だが)楽しめるのだ。特に音楽好きにとってはモータウンメドレーを楽しませてくれるグループや、ブルースブラザースショー、ヒップホップ/R&B寄りのグループ、POPS系の女性ボーカルグループなど盛りだくさんで、それぞれのエンターティナーのステージングもハイレベルで十分に満足させてくれる。パレードについては大御所ディズニーのものに比べると規模が小さいといわれているが、夏のハッピー・ハーモニー・セレブレーションもハロウィンに行われたホーンテッドビートも大いに楽しめた。映画のテーマパークなのに、なぜキティ、スヌーピー、セサミストリートなどのキャラクターが中心になるのという疑問は横において、パレードに出演のエンターティナーたちの一生懸命のパフォーマンスはディズニーランドとは違った親近感を感じる事が出来る。溢れんばかりの笑顔、ダンス、観衆へのアイコンタクトや、アドリブでの寸劇など距離感の近いパフォーマンスは楽しさいっぱい。人気アトラクションで長時間待たされるのに辟易される方には各所で開催されている大小のエンターテインメントを体験されることをお勧めする。

 今月初旬からは、USJはすっかりクリスマスモードに突入。先日インパークした時は、人工ツリーとしては日本最大という巨大ツリー付近で繰り広げられるショーを堪能した。日没まではクリスマスにぴったりのゴスペルショーでノリノリに。
USJ1.jpg USJ2.jpg
日没後は、NYブロードウェイで活躍中のソリストを中心とした素晴らしい歌とダンスのショー、「ホワイト・クリスマス・キャロル」で大いに盛り上がる中、感動的なツリー点灯を見つめる事が出来た。
USJ4.jpg USJ3.jpg
そして最後に午後8時からはパーク中央の人工池ラグーンで開催される光と花火、歌とダンスのエンターテインイベントもクリスマスバージョンの「クリスマス・マジック」。こちらは今年で最後の開催となるらしいので必見だ。その他にも様々な路上ショーがクリスマスバージョンになっているようで、今年は後数回足を運ぶ事になりそうだ。

 報道では経営が思わしくないといわれているUSJだが、どちらかと言えば大人向けにシフトした内容ではあるが、他のパークでは感じる事が出来ない満足感を持ち帰る事が出来る素晴らしい空間だと思う。キャラクターやアトラクションの魅力だけではなく、スタッフやエンターティナーとのコンタクトで味わえる人間味溢れるサービスによって、ディズニーランドと張り合えるパークになって欲しいものだ。
posted by pura3 at 13:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月08日

NYヤンキース松井選手の言葉

 asahi.comの記事にあった「NYヤンキース松井選手と世界の舞台で活躍を夢見る日本の若者たちとの交流」での発言。

「迷ったときは厳しい方に身を置くようにしてきた」

(環境が変わることへの不安を問われ、)「新しいことをやるのは楽しみ。リスクはあるが、新しいものが見えてくる可能性もある」

 彼の渡米後の素晴らしい実績を考えると、二つの発言の重み、素晴らしさが伝わってくる。自分もこの数年で、日々の業務に激変があった。オファーを受け、迷ったが新しい方向、厳しい方向に踏み出したのだ。以後がむしゃらに頑張ってきている自負はあるが「新しいものが見えてくる」ような余裕がまだ無いことも事実。まだまだモチベーションを高く保ち、松井選手のように日々真摯な態度で頑張らねばと改めて思い直した今朝のひとときだった。
posted by pura3 at 09:40| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月30日

今月のTaliesin訪問者数

 本ブログの今月の訪問者数が本日5000を超えた。ページビューも24000近くに達し(訪問者数との違いがわからないのだが。。。)驚きと嬉しさでいっぱいだ。5月にブログを始めてからの毎月の訪問者数が2061、1840、875、2657と来ていたので今月になってほぼ倍増したことになる。やはり「いぬりんく」さんのリンクに登録していただいた影響が最も大きいと思う。(多謝!!)「いぬりんく」さんは更新状況がリアルに反映されるのでエントリーをさぼるとあっという間にリスト下方に落ちていくので、継続エントリーを後押ししてくれている。

 エントリー別では"AppleStoreワークショップ参加後日談"が586とトップだった。こちらは各所で紹介していただいた影響だと思うが、そもそも自分自身の感動を素直に綴っただけで美談化するつもりは全く無かったのだが、「よい話だ」と思ってくださる方が多かったのは嬉しい。AppleStoreには時間が取れれば足を運んでいるが、行くたびに何がしかの良い思いを味わせてくれる。あの誠意あふれるスタッフ陣が変わらない限り、また行きたくなることだろう。

 次点は"Apple製品にお似合いの携帯 - AU W31T"。7月のエントリーなのに、"W31T + Mac"で検索されて来られた方が多かったのには驚いた。やはり両者に相通ずる魅力を感じる方が多いという事なのだろう。W31Tはその後も便利に愛用している。PCサイトビュワーはEbayをチェック時に、EZwebはYahooのオークションやメールチェックに活用。外部メールチェックは初期は.Macサービスを使っていたがレスポンスの遅さに我慢がならず、Yahooメールに変更、そして最近では愛用プロバイダーDTIが提供してくれるDTI Toolsで行っている。DTI ToolsはDTI契約者は必須の便利サービスだと思う。

 とにかく毎日の業務の休憩時の気分転換に、Macやお気に入りの音楽、アイテムを徒然に綴るだけのブログですが、訪れて下さった皆さんには感謝!です。来月からもよろしくお願いいたします。
posted by pura3 at 17:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月02日

六本木ヒルズとF.L.Wright

先週末は慌ただしく一泊二日で東京に出張した。せっかく東京まで来たのだから少しは仕事以外の時間も楽しもうと、六本木ヒルズに行った。想像以上にヒルズ全体のデカイ規模に驚き、森ビル展望台からの眺めを楽しむ(実は高所恐怖症なのでコワゴワだったが)。入ってるブティック、ショップは関西にもあるものがほとんどだったが、ヒルズの一区画に収まっているだけで、かなり違った洒落た店舗に映るのは不思議だった。ヒルズを歩いていて、大好きなF.L.Wrightのデザインかと疑うような建築デザインを目にした。有名なデザイナーによるものなのかもしれないが、自分の薄識ではわからなかった。しばし目をうばわれてしまったこのデザイン、時間があれば情報入手したいものだ。

DSCF0206.jpg DSCF0207.jpg

ところで、今日から6月。本ブログを開始して一ヶ月が経過した。シーサーブログのアクセス解析をみると5月一ヶ月でトータル2061の訪問者数があったらしい。有名サイトで紹介いただいたおかげでアクセスが増えたおかげでもあるのだが、自分の拙い文章などをチェックしてくれる方がいらっしゃると思うと、恥ずかしいやら、ありがたいやら。この場を借りてお礼を言いたい。今後も出来るだけ、時間を見つけて書いていきたいと思いますので、わがタリアセンをどうぞよろしくお願いいたします。
posted by pura3 at 00:40| Comment(15) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月01日

ブログ始動!

Macを使い始めて10年目。これまで何度も何度もマイサイトを立ち上げようと思い立っては実行できなかった。
coolなサイトを作るぞ、とチカラ入りすぎてイメージ倒れだったんだと思う。
ブログなら簡単かも?続けれるかも?今年こそ!と思っているうちにもう5月。
とにかく始めなきゃ!とサ・イ・ショ・ノ・ダ・イ・イッ・ポ!
タリアセンライト.JPG
写真はFrank Lloyd WrightのTaliesin 1。
ブログ初日用の画像を全く準備していなかったのだが、室内を見渡して初画像はコレに決定。ブログ撮影用に久しぶりに点灯させたけど、古さを感じさせず全く飽きないデザインにしばし見とれる。

posted by pura3 at 19:57| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
MacBook Pro

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。